チケットぴあBリーグサイトからクレジットカード情報が流出していたことが分かりました。

 

ツイッターでも「Bリーグでチケット買った時に既にクレジットカード登録をしてしまった! 具体的な対処法はどうすれば良いの?」と慌てている方は少なくないようです。

 

でも、落ち着いて対応すれば大丈夫です!

 

こちらも読まれています
 ↓ ↓ ↓

ぴあの個人情報流出|受託ソフトウェア会社はどこ?Struts2と関連は?Bリーグ以外は大丈夫?

スポンサーリンク

チケットぴあ(Bリーグサイト)の個人情報流出|概要

チケットぴあの個人情報が流出したのは

・プロバスケットボール・Bリーグのチケットサイト
・ファンクラブのサイト

の2つのサイトからです。

 

チケットぴあの個人情報流出の状況は

・Bリーグのチケットサイトがサイバー攻撃による不正アクセスを受け
・個人情報約15万件が流出した可能性がある

 

上記15万件には

・約3万2千件のクレジットカード情報
 カード会員名
 カード番号
 有効期限
 セキュリティーコード

が含まれます。

 

4月21日時点でカードの不正使用は
・197件

被害額は
・計約630万円分

確認されているとのことです。

 

セキュリティコードまで流出したというのを知って、私はとても怖いと感じました。

チケットぴあ,個人情報流出,ソフトウェア会社,どこ

チケットぴあ(Bリーグサイト)の個人情報流出|クレジットカード情報登録済みの方のツイート まとめ

Bリーグの試合は人気がありますし、ファンクラブに入るファンも多いので、既にクレジットカード情報を登録している方は多いですよね!

 

チケットぴあ(Bリーグサイト)の個人情報流出|怖がらずに対処しよう!

まず、チケットぴあ(Bリーグのチケットサイト)から流出した個人情報により、クレジットカードが不正に使用されたとしても、不正使用にあった額を被害者が負担する義務はありません。(ただし、海外で発行されたクレジットカードには例外もありえます)

 

なぜなら、日本国内で発行されたクレジットカードには盗難保険が付いているからです。

 

今回の個人情報流出に関しても、不正使用分の補償はクレジットカード各社を通じ、ぴあが全額負担することが発表されています。

チケットぴあ(Bリーグサイト)の個人情報流出|具体的な対処法は?

今回のチケットぴあの個人情報流出の対象者は

●2016年5月16日~17年3月15日の期間中
●Bリーグ会員に登録された方

です。

上記に当てはまる方は、4月11日以降のチケットぴあからのメールで個人情報流出の事実を知ったかと思います。

 

ちなみに↓こちらのツイート↓にあるように、ぴあ本体からは流出していないようです。

 

対処法1

パスワード変更の依頼が含まれていると思いますので、すみやかに変更してください。

 

対処法2

今後のクレジットカードの利用明細を、普段よりも入念にチェックしてください。

少しでもおかしな利用があれば、すみやかにクレジットカード会社に連絡を入れて、指示に従ってください!

スポンサーリンク

チケットぴあ(Bリーグサイト)の個人情報流出|まとめ

今回のチケットぴあの個人情報流出は衝撃的でした(>_<)

自分が流出の対象者であった場合は、特に焦ってしまいますよね!

この記事が少しでもお役に立ったなら幸いです。

 

こちらも読まれています
 ↓ ↓ ↓

ぴあの個人情報流出|受託ソフトウェア会社はどこ?Struts2と関連は?Bリーグ以外は大丈夫?