2017年春ドラマ「貴族探偵」に出演中の中山美穂さんに「メイド服姿がキツイ」や「劣化がひどい」「老けた」という声があがっているとか?

 

理由は、息子に会えないストレスからでしょうか?

 

ネットでは息子親権)を捨てたとも囁かれていますが・・・

 

息子の画像とともに見ていきましょう!

スポンサーリンク

中山美穂プロフィール

読み:なかやま みほ

生年月日:1970年3月1日

出身地:東京都小金井市(長野県佐久市生まれ)

身長:158cm

デビュー:1985年(15歳)

 

中山美穂「貴族探偵のメイド服がキツイ」「劣化がひどい」「老けた」と物議?

ドラマ貴族探偵」は、嵐の相葉雅紀さんが主演で、「探偵なのに推理をせずに、事件を解決していく」という、ぶっ飛んだストーリの面白いドラマです(*^^*)

 

中山美穂さんはドラマ貴族探偵」で、相葉雅紀さんのメイドの田中役で、メイド服で出演しています☆

 

この方のツイートにほぼ賛同します(*^^*)

中山美穂さん47歳なんですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

そりゃ15歳のデビューの時と比べて「老けた・老けない」なんて言ったらヤボってものですよ!

この年齢で中山美穂さんほど若々しくてかわいくて美しい女性を私は知りません(・o・)

中山美穂は息子の親権を捨てたの?「ひどい」の声

中山美穂さんは、辻仁成さんとの間に1人の息子を設けています。

2002年6月に辻仁成さんと結婚し、20014年1月に息子出産している中山美穂さん。

 

息子名前は十斗(じゅうと)くんというそうです☆

素敵な名前ですね(*^^*)

息子名前は、中山美穂さんが名付けたそうで、フランス生まれでフランスで今後も生活していくであろう息子に、フランス人から発音してもらいやすい名前を付けたそうです。

 

中山美穂さんと辻仁成さんは、息子が10歳であった2014年に協議離婚します。

息子の親権は辻仁成さんが持つことになるわけですが、これが「中山美穂息子を捨てた」と言われてしまうきっかけとなりました。

 

しかしこれには事情があって、一言で「中山美穂息子を捨てた」とは言い切れない状況があると思うのです。

中山美穂さんが息子捨てたという訳ではなく息子が、父に親権を委ねることを自ら決意したとのことです。

 

ちなみに、中山美穂さんと辻仁成さんが暮らしていたフランスは、ハーグ条約に調印しています。

ハーグ条約とは:
国際結婚や、外国に居住する日本人同士の夫婦が離婚した場合は、子供が”元々住んでいた国”に住み続けるのがベストという考えに基づき、国に残る親と一緒にいるのが良しとされる考え。

もし、相手の承認を得ずに子どもを国外に連れ去った親が、国に残った親から子どもを返すよう求められた場合、原則として子どもをそれまでいた国に戻すことを定めた条約。

オランダのハーグで条約が締結されたので、ハーグの地名が付いている。

 

逆に、日本人妻が離婚時に子供を連れて帰ることについて”拉致”という感覚を持つ外国人も少なくありません。

その”拉致”を防ぐために制定された条約がハーグ条約だと言われています。

私は、離婚した夫婦は母親が子供を育てるのが一般的だと考えてしまうので”拉致”という感覚があると知った時は驚きでした。

息子が小さかった時の中山美穂画像

中山美穂,息子,会えない

中山美穂は息子に会えないの?

中山美穂さんが息子会えないということは、ネット上で囁かれていますね。

 

世間では「息子会えない」と思われているようですが、私はそんな事はないと思います。

 

元々は息子の成長のために日本での仕事をセーブしてフランス(パリ)への移住を決意したほど、中山美穂さん愛情のある母親ですから(*^^*)

 

それに、先ほど紹介したハーグ条約でも、離婚したからと言って「会えない」と定めているわけではありませんし☆

スポンサーリンク

中山美穂 まとめ

今日は、中山美穂さんについてブログを書いてみました。

 

貴族探偵」でのメイド姿、私はかわいくて大好きです☆

ドラマの展開もたのしみですね(*´ω`*)