マイコプラズマ肺炎が注目されています。

家族うつる期間はどれぐらいなのでしょうか?

 

またマイコプラズマ肺炎予防法としておすすめの12の食材も紹介します(*^^*)

ストレス原因の1つだと言われていますが、果たして本当なのでしょうか?

【関連記事】

[マイコプラズマ肺炎]妊婦(後期)の症状は?抗生物質の胎児への影響は?

マイコプラズマ肺炎の症状は大人と子供で違う?熱なしで咳だけでも出席停止?

赤ちゃんのコリック(黄昏泣き)対処法のカテーテルが日本で売ってるAmazon発見!

「溶連菌とは?」をわかりやすく解説!症状や原因、感染経路は?

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎が家族にうつる期間は?

マイコプラズマ肺炎潜伏期間は非常に長いと言われています。

通常で1週間から3週間、長い人で4週間も潜伏期間があります。

 

この潜伏期間の間に、例え症状が出ていなくてもうつしてしまいます。

むしろ、症状を発症する8日前からが1番うつる力が強いんだそうです!

症状が出ていなければ感染者はほとんど無警戒でマスクをすることも少ないですから、知らず知らずのうちに家族にうつしてしまっている訳です。

 

マイコプラズマ肺炎が家族にうつる期間は、感染度の強弱の差はあっても1ヶ月から1ヶ月半程度の期間です。

 

ただ、マイコプラズマ肺炎の発症率は、わずか3〜10%です。

しっかり予防することはもちろん大事ですが、あまり神経質になり過ぎず過ごすことも必要でしょう。

マイコプラズマ肺炎,家族,うるる,期間

マイコプラズマ肺炎の原因の1つはストレス?

マイコプラズマ肺炎直接の原因ストレスではありません。

直接の原因は、肺がマイコプラズマという病原体に感染することで起こります。

マイコプラズマは細菌でもウイルスでもなくて、ちょうど細菌とウイルスの中間くらいの大きさの微生物です。

 

ストレスに話を戻しますと・・・

ストレスはマイコプラズマ肺炎の直接の原因ではありませんが、肺炎は免疫力が落ちている時にかかりやすいので、ストレスはマイコプラズマ肺炎の間接的な原因であるといえます。

 

現代社会は色々な精神的ストレスにあふれていますし

現代人はどうしても運動不足に陥りがちですし

外食が多い/食事の時間が十分に取れない などの理由で食事のバランスもどうしても崩れがちです。

 

また、忙しいと「どうせ風邪だろう」などと、病院に行くのを後回しにしてしまうこともありますよね。

初期の段階で病院を受診していれば早期治療ができたのに、忙しさを理由に放置してしまってマイコプラズマ肺炎重症化する事例もとても多くあります。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の予防におすすめな食材12選!

マイコプラズマ肺炎予防におすすめな12の食材を紹介します。

トマト

リコピンで免疫力アップ!

キャベツ

淡色野菜なのに栄養たっぷりで意外に思われるかもしれませんが、「キャベツの免疫アップ力は医薬品並み」なんていうキャッチフレーズもあるぐらいの食材です。

大根

消化を促進したり、殺菌力があったり、冬の免疫アップ食材の代表選手ですね!

セロリ

免疫力アップ食材としてはモチロン「ピラジン」という成分に血行促進作用があります!

にんじん

緑黄色野菜の王様!

しょうが

しょうがに含まれるジンゲロールを暖めるとショウガオールに変化し、免疫力アップに効果的!

【関連記事】

血管年齢若返り食材の酢しょうがレシピ、玉ねぎ、食物繊維、魚!

玉ねぎ

免疫力アップ食材として風邪予防にも最適ですね!

ニンニク

免疫といえば、言わずと知れたニンニク!

りんご

「1日1個のりんごで医者いらず」なんて言われている食材ですよね!

海藻類

海藻類のネバネバ成分「フコイダン」に免疫アップ効果あり!

きのこ類

βグルカンで免疫力アップ!

ゴマ

ゴマに含まれるビタミンEで免疫力アップ!

東洋医学の世界では不老不死の食材と言われています。

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎 まとめ

今日は、マイコプラズマ肺炎家族うつる期間はどれぐらいなのかついて紹介しました。

ストレスも、間接的ではありますが原因の1つでしたね。

 

マイコプラズマ肺炎予防法としておすすめの12の食材を食べて、免疫力アップしたいところです(*^^*)

 

【関連記事】

「溶連菌とは?」をわかりやすく解説!症状や原因、感染経路は?

[マイコプラズマ肺炎]妊婦(後期)の症状は?抗生物質の胎児への影響は?

マイコプラズマ肺炎の症状は大人と子供で違う?熱なしで咳だけでも出席停止?

赤ちゃんのコリック(黄昏泣き)対処法のカテーテルが日本で売ってるAmazon発見!