8月3日、北海道富良野市の「寺坂農園」が公式ブログで、寺坂農園のメロン6棟分が除草剤によって全滅したことが明らかになりました。

犯人は誰なのか、話題になっています!

JAを脱退したしがらみで農協の職員が犯人なのか

 

それとも年商1億を妬む、他の農家が犯人なのか・・・

愛情込めてメロン農家さんが育てたメロンに除草剤を掛けて枯れさせるなんて・・・それにしても酷いです(>_<)

スポンサーリンク

メロンに除草剤! 卑劣過ぎる! 早期の犯人逮捕を!

寺坂農園さんのブログの告発によると犯人逮捕のメドがついているとのことです。

 

早急に犯人が逮捕されてほしいです!

 

現在、メロン除草剤の被害にあった寺坂農園さんのホームページはアクセスしづらい状況です。

感動野菜産直農家 寺坂農園 公式ブログ

 

メロンに除草剤を撒かれた農家の画像

メロンに除草剤をまかれる前にも嫌がらせは起きていた!

メインの事件は7月9日の深夜から未明にかけて、寺坂農園のメロンハウスに何者かが侵入し、6棟に除草剤を撒き散らした結果、約6600玉のメロンが枯れ果てる実害を被ったというものですが・・・

 

メロン除草剤事件が起こる前にも

・水の装置をいじって、メロンを水浸しにされた

・メロンハウスの全自動換気装置が誤作動を起こすトラブルが2~3日ごとにあった

・そのたびにメロンが高温で全滅し掛かった

 

当初はスタッフのミスだと思っていたという寺坂農園の寺坂氏でしたが

 

決定打として除草剤が使われていたことが判明しました。

 

ミスを疑われたスタッフも良い気はしなかったでしょうし、またスタッフを疑わざるを得なかった寺坂氏もつらかったでしょう(>_<)

 

この手口から見て、犯人は農業(とりわけメロン栽培)に関してかなり深い知識を持っていると予想できます。

 

それに、間違いなく単独犯ではないでしょうし。

メロンに除草剤をまいた犯人は農協幹部?

メロンに除草剤をまいた犯人は他の農家? 動機は妬み?

メロンに除草剤!でも来年以降の影響はないとのこと!

下記は寺坂農園ブログよりの引用ですが、土への影響はないとのことです。

みなさん、安心してメロンを買ってくださいね!

※除草剤の来年以降の影響はありません。

今後収穫されるメロンに影響はなく

安心して食べることができます。

農薬販売会社さんと、

農業改良普及センターの専門家にも

確認しました。

今回、犯罪行為に使われた除草剤成分は

土に着くとすぐに不活性化し、

微生物によって分解されてしまいます。

人と土にやさしい除草剤成分です。

よって、土に残ることはありません。

被害を受けたメロンハウスでは、

次作以降は健全に生育し安全なメロンが

収穫できますのでご安心ください。

こうした除草剤を使うこと自体、

証拠が残らないように

考えられている可能性が高く、

この犯罪行為が悪質であることがわかります。

しかし、その悪質さの結果、

今後収穫されるメロンには

全く影響がないというのが皮肉な話です。

現在速報的に書いており、新情報が入り次第追記します!