台風シーズンに多い洪水被害

洪水被害とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

また、洪水被害を未然に防ぐために、具体的にどのような対策を取るのが有効な予防策となるのかも紹介します^^

大雨特別警報とは?大雨警報との違いは?雨量何ミリ以上で出る?

スポンサーリンク

日本における洪水被害とは?

まず基本に立ち返って、洪水被害の定義から紹介します。

 

洪水被害とは

大雨などの原因によって、
河川が著しく増水氾濫し、
その水によって、
普段は水のない陸地が水浸しになったり水没する自然災害(天災)にってもたらされる被害のこと。

大雨”など”というのは、梅雨や台風など雨以外にも、春の雪解け水によってもたらされた被害も洪水被害含まれます

 

具体的には下記2つです。

1.

台風で近くの川が氾濫して床上浸水し・・・
家具が損傷した
カーペットや壁紙の張替えが必要になった

上記の洪水被害は、近くに川が流れてないからといって安心できません。

街に突然流れた大量の水が行き場を失って溢れ出す都市型洪水」も原因の一つになります。

 

2.

豪雨等で山が土砂崩れを起こし・・・
人/家/車/家財道具などが押し流された

という2つのパターンがあります。

洪水とは,日本

洪水被害を未然に防ぐための具体的な対策は?

具体的に洪水被害を未然に防ぐ対策を紹介します。

ハザードマップを活用して自宅や近隣の洪水危険度を頭に入れておく

まずは、自宅周辺の洪水被害危険度知っておくことが大切です。

 

住んでいる自治体ごとに、過去の統計を元に今後の洪水被害を予想したり避難所情報を載せたハザードマップを発行しているはずです。

そのハザードマップを見て「自分が住んでいる地域はどれぐらい洪水の危険度が高いか」を知っておくのです。

 

危険度を知ることで「近くに川や海があるから高潮に備えないと」や「うちは高台にあるけど地下駐車場があるから水没の危険が伴うな」などと、心構えができます。

スポンサーリンク

洪水発生時の避難場所や避難経路を前もって確認しておく

どこどの道を通って避難すれば安全に避難できるかを前もって確認しておくことも大切です。

確認するだけでなく、実際に徒歩で最低1回は避難所まで歩いてみることも大切です。

 

また避難ルートの途中氾濫の危険性がありそうなや、浸水が起こりそうなくぼ地を見つけた場合は、迂回ルートも頭に入れておかなければいけません

洪水とは,日本

家族間で安全を確認する方法を予め話し合って決めておく

洪水による避難が必要な時に、必ずしも家族全員が一緒にいるとは限りません

そんな時でも家族の安否を確認する方法を予め決めておくと良いです。

 

契約している電話会社が提供している「災害用伝言サービス」の使い方も確認しておきましょう。

実際には洪水被害にあった時には、平常時以上に気が動転してしまうので「伝言サービス」の使い方は暗記するぐらい頭に叩き込んでおいてもやり過ぎではないです。

スポンサーリンク

洪水発生時の防災グッズを前もって準備しておく

洪水により避難しなければならなくなった場合に、サッと持ち出せるような非常用持ち出しリュックを日頃から準備しておくと良いですね。

家族構成によって持ち出し品は色々変わってくると思いますが、注意しなければならないのが、非常持出しリュックに入れるのは必要最低限の品目に抑えるということです。

 

なぜなら道の状態が悪い中、重いリュックを背負って徒歩で移動することは思っている以上に体力を奪われてしまうからです。

 

【こちらも読まれています】

防災グッズ、一人暮らし女性が最低限必要な一覧とリュック置き場所

スポンサーリンク

洪水被害 まとめ

洪水は自然災害なので、それ自体を食い止めることは不可能ですが、洪水が発生した後の被害は事前の準備によって最低限に留めることができると分かりました。

 

今一度、心構え非常持出しリュックを確認して気を引き締めたいですね^^

 

こちらも読まれています
 ↓ ↓ ↓

大雨特別警報とは?大雨警報との違いは?雨量何ミリ以上で出る?