父を家族葬で送り出した時の体験談を紹介いたします。

 

母が高齢で体調を崩していたこともあり、葬儀屋さんとのやり取りは私がは全て行いました。

 

会社参列辞退香典辞退連絡した時の流れなど、どなたかのお役に立てればと思い、書いてみます。

家族葬とは?どこまで呼ぶの?挨拶は?私が喪主をした際の体験談や例文

家族葬の費用や相場は?私が喪主をした時の流れを紹介します!

スポンサーリンク

私が家族葬を選択した理由

家族葬を選択した理由は、父(享年70代中盤)は若い頃から交友関係が広くなかった上に、限られた友人も亡くなっている方が多かったからです。

 

また、私の知人で葬儀関係の仕事に就いていた経験がある方から「一般的なお葬式は高すぎる。家族葬や直葬で十分だ。」という話を聞いたことがありました。

 

さらに、以前にコラムか何かで「ただでさえ気持ちが落ち込んでいるのに、来客の応対は本当に疲れる。大切な家族を最後の最後に疲れさせるなんて故人も望んでない。」という意見を目にして共感していたからです。

家族葬の葬儀社を選んだ際の基準

葬儀屋さんを探し始めたのは、医師から言われていた余命の1週間を切った辺りからでした。

それまでは何となく、父がこのまま居なくなってしまう事実を受け止めたくないというか、父の死に向き合うことを避けていたような気がします。

 

でも「現実のものとして受け入れなければ」と自分で自分に言い聞かせて、インターネットで「家族葬 ○○市」という単語で検索してあがってきた葬儀会社さんにコンタクトを取りました。

 

検索結果には家族葬専門の葬儀社が数社あがってきましたが、比較検討はせず、初めから1社に絞ってお願いしました。

会社や父の看病もあったので、葬儀社を検討している時間的余裕がなかったためです。

 

ホームページを見てなんとなく選んだ葬儀屋さんでしたが、とても親身になってきちんとした対応してくださったので、結果的にその葬儀屋さんにお願いして良かったなと思いました。

 

また、一般的な葬儀では「ホームページに書いてある価格から、どんどんオプションで値段が釣り上がって行く」というケースを良く耳にしますが、そういったことはなく、ホームページに乗っている表の通りの値段でした。

 

私がお願いした葬儀屋さんは「安かろう悪かろう」ということは一切なく・・・

むしろ、これまで親族としてお世話になったり弔問客として訪れた大手の葬儀屋さんが取り仕切るお葬式の中で一番段取りが良く、なおかつ一番あたたかみのある対応をしていただけました。

 

家族とも、「きっとこの社長さんは大手の葬儀屋さんのヤリ手社員で、”高すぎる葬儀” に疑問を感じて会社を立ち上げたんだろうね」と話していたくらいです。

スポンサーリンク

家族葬の際の会社への連絡は?

会社への連絡は、まず第一報を電話で連絡しました。

たまたまその日は午前休を入れていたのですが、午前中に父が息を引き取ったため「父が亡くなったため午後もこのまま忌引をいただく」旨を連絡しました。

 

この時点では家族葬である旨は特に伝えていません。

気が動転していたのとバタバタしていたので、本当に最小限の忌引連絡のみ入れました。

 

その後、総務の方からラインに「葬儀会場や日程についての情報が欲しい」旨の連絡が入りました。

 

会社がアットホームな中小企業ということもあり、私は総務の方とラインの連絡先を交換していています。
また「バタバタされているかと思い、連絡手段をラインにしました。返信はできるタイミングで結構です」という気遣いの言葉が書かれていました。

家族葬,会社,連絡,参列辞退,香典辞退,流れ

ここでふと「ウチの会社家族葬って(私が知る限り)私が初めてかも」と気づきました。

こちらが香典辞退をお願いすることで、逆に会社としては困ってしまうのかな(福利厚生費の処理などどうすれば良いの?、とか)・・・とも思いました。

参列辞退に関しては、仕事を抜けて葬儀に行かなくて済むだけなので支障はないでしょうが・・・

 

結局、私は以下の文言で会社の方のラインに返信しました。

会場:○○葬儀場

日時:通夜○月○日○時
   告別式○月○日○時

その他:家族葬

 

この文言にした理由としては

会社からは「葬儀の”情報が欲しい”」と言われているので、こちらとしては情報を開示するべきだと思った
 そこに家族葬と書くことで「どうか会社側で判断してくれ〜。会社にしたら私が初めての家族葬社員かもしれないけれど、私も初めての葬儀準備でテンパッている〜。」というのが正直な気持ちでした。

家族葬だから参列やお香典は辞退したいけれど、どんな文言で返信して良いか分からなかった
 テンパッていてネットで調べることすら思いつかなかった。

という感じです。

 

結果的に、家族葬の会場に会社名でのお花が届き、喪が明けて出社した時に会社名でのお香典や、個人的に仲良くしてくださってる方からお香典をいただきました。

スポンサーリンク

家族葬の参列やお香典を辞退する際のベストな文言は?

家族葬も終わって落ち着いた頃、ふと「会社への参列辞退や香典辞退の連絡は、どうするのが正しかったのだろう?」と思い、調べてみました。

 

すると、会社へは葬儀についての情報は連絡しつつ

「家族葬を行いますので、ご会葬やお香典等は辞退いたします。」

 や

「親族のみの密葬で執り行いますので、お香典、ご会葬は遠慮いたします。」

という文言を付け加えて連絡を入れるのが正しかったようです。

 

私の場合は、会社の総務の方と仲が良かったことで甘えがあり、またテンパッていてネットで調べることを怠ったために「その他:家族葬」という一文で済ませてしまいましたが、常識的な社会人としては、上記の文言で対応されるのがベストだと思います。

家族葬|会社への連絡方法は?私が参列辞退/香典辞退した際の流れ まとめ

今日は、父を家族葬で送り出した時の体験談がどなたかのお役に立てればと思い、会社参列辞退香典辞退連絡した時の流れなどを紹介いたしました。

 

私は、家族葬にして本当に良かったと思いました。

初めの方で書いたとおり、来客に気を使わずに家族だけでたくさん泣いて、人目を気にせず父にたくさん御礼やお別れを言えたからです。

 

それぞれの家族にとって最善の方法で最愛のご家族を送り出してあげてくださいね。

家族葬とは?どこまで呼ぶの?挨拶は?私が喪主をした際の体験談や例文

家族葬の費用や相場は?私が喪主をした時の流れを紹介します!