はちみつ結晶化して固まるのは、湯煎で溶かす方法で復活する」と知恵のは割りとメジャーになってきていますね(*^^*)

 

では、湯煎復活させたハチミツが再び固まってしまった場合に、繰り返し湯煎しても大丈夫なのでしょうか?

特に栄養面や賞味期限が気になるという方は多いと思います。

 

今日は、はちみつの結晶化について色々と紹介します。

スポンサーリンク

はちみつが固まったら湯煎で溶かして復活! 溶かし方を動画で解説!

結晶化してまってしまったハチミツを見た時って、なんとも言えない気持ちになりますよね。。。

 

例えば「今日はパンにハチミツを塗って食べたい気分だな〜♪」なんて思いつつトロ〜っと塗るところまで思い浮かべて、いざハチミツを見たら「シャリーン」と結晶化していたら( ゚д゚)ハッ!

・・・ちょっと悲しい気持ちにすらなります。

 

そこで、まってしまったはちみつを復活させる湯煎のしかたをおさらいしてみましょう。

 

動画再生後1′10″ぐらいから湯煎が始まります。

こちらの動画では「沸騰したお湯で湯煎するのはNG」という風に触れられていますが、具体的な適温は

40℃〜60℃で湯煎することがポイントです^^

 

それは、40℃以下のお湯だと固まったハチミツが溶けないですし、60度以上のお湯で湯煎すると、はちみつの栄養が損なわれてしまうからです。

コツとしては、蓋を開けた状態で湯煎してスプーンや菜箸(さいばし)でハチミツの結晶をくだく様にかき混ぜると、結晶を早く溶かすことができます♪蜂蜜,固まる,湯煎,復活,繰り返し,栄養,大丈夫

湯煎で溶かして復活させたはちみつが再び固まった! 繰り返し湯煎で溶かして栄養や賞味期限は大丈夫?

一度ていねいに湯煎してとろとろに復活させたハチミツがまた結晶化して固まってしまうなんてことも良くありますね(T_T)

 

繰り返し湯煎しているとハチミツ栄養は壊れてしまうんでしょうか?

 

また、例えば賞味期限が1年後のハチミツがあるとします。

【結晶化→湯煎】を繰り返し行ったとして、1年後まで美味しくいただけるのでしょうか?

 

結論からいうと、栄養面でも賞味期限の観点からも、どちらも大丈夫です!

ただし、先ほど湯煎のところでもお伝えしたように、はちみつの栄養は60℃以上で壊れてしまうので、温度には注意が必要です。

 

もし心配でしたら、その都度使う分だけ取り出して湯煎にかけると、より安心ですね(*^^*)

 

また、湯煎にかけて溶かしたはちみつが再び固まってしまう事態を防ぐ方法があります。

それは、

なるべく低い温度でじっくり湯煎して結晶を溶かす方法です。

低い温度で湯煎して溶かしたハチミツは、高い温度で湯煎した場合に比べて再結晶化がおこりにくいのです。

 

低い温度というのは、ハチミツを湯煎する場合、40℃を指します^^

スポンサーリンク

はちみつはなぜ固まるの? そもそも何℃以下で固まるの?

はちみつがなぜ固まるのかは、はちみつの成分に秘密があります。

はちみつの主な成分は、ブドウ糖、果糖、水分なのですが、それ以外にたくさんの花粉も含まれているんです。

(1gあたり数千から数万も!)

 

ハチミツは、花粉や気泡を核として結晶をつくる特性をもともと持っていて、16℃以下になると結晶化が始まります。

これはもうはちみつの特性なので止めようがありません。

そして14℃以下になるとほとんどのハチミツは固まってしまいます。

 

固まったら固まったで、シャリシャリして美味しいんですけれどね(*^^*)

我が家の、シャリシャリに固まったはちみつはちみつ,固まる,湯煎,栄養,繰り返し

固まらないはちみつも売ってるけど、あれは一体なに?

現代では「固まらないはちみつ」も売られています。

 

固まらないハチミツは、いったい何なのかといいますと、

水飴などの糖分が混ぜてあるハチミツだったり、

ハチミツに何らかの加工が施されていたり、

花粉を取り除いてあるハチミツです。

(例えラベルに【純粋はちみつ】と記載してあっても)

 

上記のハチミツは固まらないです。

 

水飴などの混ぜ物がしてあるハチミツについては論外なので触れませんが・・・

花粉を取り除くと確かにはちみつは固まらないのですが、

花粉にこそハチミツの大切な栄養素(ビタミン、ミネラル、アミノ酸など)が豊富に含まれているので花粉を取り除いてしまうなんて、すごくもったいないことだと私は思います(>_<)

 

花粉を取り除いたはちみつなんて、はちみつじゃなーい!!

と、声を大にして言いたいです。

スポンサーリンク

固まらないはちみつは全て「本物」でない?

では、固まらないはちみつの全てが「本物ではない」のでしょうか?

 

実はそういう訳ではありません!

 

混ぜ物をしておらず、

花粉を取り除く加工もほどこされていない

純粋な天然のはちみつであっても

固まらないはちみつも存在します。

 

それは、蜂が蜜を集めてくるお花の種類によって「固まる/固まらない」に差があるからです(*^^*)

 

先ほどはちみつの主な成分は、ブドウ糖、果糖、水分であると説明いたしました。

はちみつを結晶化させる黒幕(?)は、実はブドウ糖なのですが、ハチミツの中でもブドウ糖の割合が少ないハチミツは固まりにくいのです。

ハチミツのお花(花粉)の種類ごとに、果糖とブドウ糖の割合を比べました

多い:なたね、ウド
普通:レンゲ、みかん、トチノキ、クローバー
少ない:アカシヤ、りんご

なたねやウドから採れたはちみつまりやすく、アカシアやリンゴのから採れたハチミツまりにくいということが言えます。

大好きな栗原はるみさんのアカシヤハチミツも美味しいですよ(*^^*)

関連記事→春キャベツのパスタは栗原はるみレシピがダントツ美味しい!厳選5つ

 

また、少しざっくりとした見分け方ですが一般的に

・色が濃くてトロみの強いハチミツまりやすい

・色が薄くてサラっとしたハチミツまりにくい

と言われています。蜂蜜,固まる,湯煎,復活,繰り返し,栄養,大丈夫

はちみつが固まらない保存方法

先ほど14℃から殆どのハチミツ固まり始めると紹介しましたが、もっともはちみつが固まりやすい温度帯は、5℃~14℃です。

 

そうなんです、ハチミツは5℃以下になると再び固まりにくくなるのです。

さらに言うと、マイナス18℃くらいからは結晶自体ができません。

よって、思い切って冷保存してしまえばハチミツは固まりにくいということになります。

 

ちなみに冷凍保存したハチミツは常温のハチミツよりも、よりトロ〜っとして「水あめ位の固さ」にはなりますが、結晶化してしまうことはありません。

 

ただし、ハチミツは振動によっても結晶化する性質を持っていますので、冷凍庫のドアポケットでの保管は避けたほうが良いですね。

スポンサーリンク

ハチミツ まとめ

今日は、ハチミツが固まってしまった場合に湯煎にかける方法がメジャーになりつつある中で

「また固まっても繰り返し湯煎しても大丈夫なのか?」という疑問についてお答えしようと思ってブログを書きました☆

 

結果として

・60℃以下で湯煎すれば栄養面でも大丈夫

 再結晶化を防ぎたければ40℃で根気よく湯煎

繰り返し湯煎しても大丈夫

・いっそのこと固まったハチミツの食感を楽しんでしまう手もある!

まりにくいハチミツも存在する(アカシヤやリンゴ)

ハチミツを冷凍庫で保管するとまりにくい

ということが分かりましたね。

 

それにしてもハチミツって奥が深いですね(*^^*)

 

注意:1歳未満の赤ちゃんにはハチミツを与えないで下さい。生はもちろん加熱しても乳児ボツリヌス症で亡くなってしまうこともあり得ます。

 

冬レシピはこちら→冬レシピ特集

レシピはこちら→春レシピ特集!

季節問わず定番のレシピ特集

お弁当レシピ特集