4年ほど前、足の裏ほくろが出来ていることに気付きました。

同じ頃、膝の上辺りのほくろから毛が生えていることにも気づいたので、皮膚科で2つまとめて切除手術を受けました。

 

良性に見えるとのことでしたが、悪性(メラノーマ、いわゆる)に変化する可能性もゼロではないとのことでしたし、手術してよかったです。

 

手術後の画像とともに私のほくろ除去手術体験談を紹介します。

スポンサーリンク

足の裏のほくろ!良性でしたが癌が怖くて除去しました!

私がホクロの件で皮膚科へ行ったメインの理由は、足の裏ではなくて膝上あたりの毛の生えたほくろの方でした。

 

私は、診察を受ける前から「毛の生えたホクロ切除手術を受けたい」と思っていたので病院でその旨を伝えました。

 

そのついでのような感じで「実は足の裏にもほくろが出来たんですよねー」と軽い雑談のように伝えると、先生から「足の裏のホクロのほうが悪性化しやすい」と言われたのです。

自分の無知さを少し恥じるとともに「何気なく言ってみてよかった」とホッとしました。

ほくろは良性のものであっても、足の裏はどうしても刺激や衝撃が加わりやすいので、悪性黒色腫になることがあるんだそうです。

 

私のほくろは2つ同時に切除手術を受けても費用が変わらないとのことだったのもあり、2つのホクロをまとめて除去してもらうように、手術日の予約を入れてその日は帰ってきました。

 

そこの病院では合計2cm×2cm以内までで一律料金とのことだったからです。(私のほくろは2ミリ×2個でした)

また、麻酔も1瓶に入っている分量で2〜3箇所対応できる為、2箇所のほくろを取るのであれば料金は変わらないとのことでした。

スポンサーリンク

手術後に切り取ったほくろを検査に出したところ、やはり良性だった!

先生は私のホクロを初診時に診察した際「99%良性だと思いますが、手術後に切り取ったを検査に出して初めて、良性なのか悪性なのかがハッキリします」とおっしゃいました。

 

手術後に、切り取ったホクロを検査に出した結果は良性でした。

 

99%良性とは聞いていたものの、やはり検査結果をハッキリと聞くまでは少し不安でしたので、ほっとしたのを覚えています。

足の裏のほくろの手術後の画像

こちらが、足の裏のほくろの手術後約4年が経過した私の足の裏の画像です。

足の裏,ほくろ,良性,手術後,画像,写真,癌

手術の傷跡は丸で囲んだところの中央あたりで、大きさは4mmぐらいですが、白くなっています。

血行の関係なのか、赤っぽいところと白いところがまだらになっている私の足の裏ですが、手術跡のところはよりハッキリと白くなっています。

 

ホクロの出来ていた場所は、で印をつけたあたりです。

足の裏,ほくろ,良性,手術後,画像,写真,癌

手術後も痛いが、麻酔の注射が痛かった(>_<)

手術当日、診察台の上に乗ると先生が「麻酔がちょっと痛いからね〜」とおっしゃりながら注射をされました。

 

足の裏は、画びょうを踏んづけてしまった時を思い出す痛さでした(>_<)

 

また、足裏の麻酔の方がひざ上(内太もも)の麻酔よりも痛かったです。

 

そして手術後は、なるべく傷口に体重が掛からないように「かかとで歩く」ようにしていました。

それでも、どうしても体重が掛かるので歩くたびに傷口が痛かったです。

 

また、当時はヒールのある靴を履くことが多かった私ですが、手術後はしばらくぺたんこ靴を履いていました。

もしバランスを崩して転んでしまってもいけないと思ったからです。

 

10日から2週間ぐらいで、痛いとは感じるものの、普通のペースで歩けるまでには回復していました。

スポンサーリンク

足の裏のほくろ、良性だけど癌が怖くて除去しました!手術後画像あり! まとめ

今日は、私が足の裏のほくろ手術した時の体験談を紹介しました。

 

麻酔や手術後の痛みが怖くて、病院に行かずにほくろをそのままにしている人も少なくないと聞きます。

確かに麻酔注射も手術後も痛かったですが、私は安心できたので手術を受けてよかったと思っています。

毛が生えるほくろはガンじゃない!それでも私が切除した理由は?

毛が生えるほくろを手術後、再び毛が再発した私の対処法!切除の傷跡画像