レシピ

【ひな祭りメニュー】ひな祭り料理の由来は?料理や食事の意味を簡単に説明!

ひな祭り,由来,簡単,保育園,説明,料理,意味,とは

桃の節句ひな祭りが近づいてきました!

 

何気なく作っているひな祭りのメニューですが、ふと気になるのがそれぞれの料理や食べ物に込められた意味です。

 

ひな祭りの食事の由来を紹介します☆

 

ひな祭りのの食事会|離乳食と大人用料理レシピ!

【ひな祭り】「お昼ちらし寿司だったからかぶる」と夫に言われたら?人気のご飯物やサイドメニュー!

 

ひな祭りとは?由来を簡単に保育園/幼稚園児にも分かるように話そう!

ひな祭りのメニュー!食事の意味や由来♪

レシピを紹介する前に、ひな祭りのメニューとして昔から伝わる伝統的な食事意味や由来を紹介します(*^^*)

ひな祭りのメニュー「ちらし寿司」

ちらし寿司の具には縁起の良い食材がたくさん使われています。

ひな祭り,由来,簡単,保育園,説明,料理,意味,とは

エビ
「長寿」の象徴で、腰が曲がるまで元気に生きられるようにとの思いを込めて。

 

レンコン
穴が開いていることから「将来の見通し」が効くように。

 

豆類
「マメに」暮らしていけるようにとの願いを意味しています。

 

イクラや錦糸卵といった色鮮やかな食材
彩りがキレイな食材をふんだんに使うことで、「一生食べ物に困らないように」との願いも込められます。

 

ちらし寿司を見ているだけでも幸せな気分になれるのには、「こんな秘密があったのかー!」と初めて知った時に私は妙に納得しました(*^^*)

ひな祭りのメニュー「はまぐりのお吸い物」

次に、春の旬の貝・はまぐりを使ったお吸い物。

地域によってははまぐりの代わりにアサリや、願い事が叶うといわれているサザエやを使うこともあるようです。

二枚貝であるハマグリは、対になっている貝同士でしかピッタリ合わさらないため仲の良い夫婦の象徴とされ、一生1人の人と添い遂げる末永い幸せをあらわしています。

ひな祭り,メニュー,初節句,食事,離乳食,料理,レシピ

ひな祭りの食べ物「ひし餅」

ひし餅は、緑・白・桃色の三色の餅を重ねて菱形に切った和菓子です。

 

今は着色料や食紅で色を付けたひし餅が多いかもしれませんが、本来は

:増血作用のあるよもぎ

桃色:解毒作用があるクチナシ

で色をつけていました。

白い部分にも血圧を下げるひしの実が使われていたんですよ。

 

色の意味には2つほど説があり

1つ目は

緑:子供の健やかな成長

桃色:魔よけ

白:子孫繁栄と純潔

を意味するという説。

 

2つ目の説は

緑:大地

桃色:桃

白:雪 を表し、春の景色を表現している説があります。

 

ちょうど、雪の上では桃の花が咲いて、雪の下から新芽が芽生えている様子を色で表現したんですね。

ひな祭りの食べ物「ひなあられ」

ひなあられの起こりは、元々ひな人形を使って人形遊びをしていたことに関係しています。

 

「ひな人形にも、外の景色を見せてあげたい」という発想から、ひな人形を連れて外出し、出先でのおやつとして食べたのがひなあられだとされています。

なんだか遠足のおやつみたいですね^^

 

話は変わりますが、現代ではひな人形は飾るだけのものでお人形遊びをしていたなんて考えられないですよね!

お店なんかにひな人形が並べてあっても「お手を触れないで下さい」というプレートで注意書きをしてあるのに・・・

言ってみれば昔のひな人形はリカちゃん人形みたいなものだったんですね。

【気になる】ひな祭りの食べ物の由来は?料理や食事の意味を簡単に説明! まとめ

今日は、ひな祭りの食事メニューの由来意味を紹介しました!

 

日本の伝統行事というのは、生活の中に馴染みすぎていて由来については気に留めることがなかったりしますから、こんな風に意味を考えてメニューを組み立てると楽しいですね。

 

 

ひな祭りのの食事会|離乳食と大人用料理レシピ!

【ひな祭り】「今日のお昼ちらし寿司だった」と夫に言われたら?人気のご飯物やサイドメニュー!

 

ひな祭りとは?由来を簡単に保育園/幼稚園児にも分かるように話そう!

 

その他の春レシピはこちら→春レシピ特集!

季節問わず定番のレシピ特集

お弁当レシピ特集

まだ寒い日もたまにありますね→冬レシピ特集♡