レシピ

ひな祭りとは?由来を簡単に保育園/幼稚園児にも分かるように話そう!

ひな祭り,由来,簡単,保育園,説明,料理,意味,とは

桃の節句ひな祭りが近づいてきました。

 

ひな祭りとは?というところから由来について保育園・幼稚園児のお子さんから聞かれた時の、簡単な説明のしかたを紹介します☆

 

ひな祭りのの食事会|離乳食と大人用料理レシピ!

【ひな祭り】「お昼ちらし寿司だったからかぶる」と夫に言われたら?人気のご飯物やサイドメニュー!

ひな祭りとは? ひな祭りの由来について

お子さんから「ひなまちゅり(ひな祭り)ってなぁに?」と聞かれて、答えに詰まってしまったという声を良く聞きます^^

『そういえば【3月3日は桃の節句】というのが当たり前すぎて由来まで気にしてなかった』というママも多いかもしれません。

 

ひな祭りの由来とは

もともとは中国から伝わった風習で、昔の中国では上巳節句(3月3日)に自分の手や足を川で洗うことで身を清めていました。

その風習が日本に伝わった時に「人形に身代わりになってもらう発想」に変化しました。

自分の手や足を川の水で洗う代わりに、人形ごと川に流すようになったのです。

ひな祭り,由来,簡単,保育園,説明,料理,意味,とは

”人形”とは言っても、そのころ川に流していた人形は、今のように顔などがきちんとあって着物を着た立派な人形ではなく、草やわらでできた簡単な人形でした。

それからかなりの歳月が経ったころ、人形で着せ替えやままごとをする「ひいな遊び」が流行り始めます。

 

そして桃の節句に人形を水に流す行事と「ひいな遊び」が融合して・・・

さらに、人形を川に流すのは川が汚れるという考えが強くなって(現代で言うエコですね)、川に流すのではなく飾るようになったと言われています。

ひな祭りの由来を保育園の子供にも伝わるように簡単に説明するには?

保育園幼稚園に通う年齢のお子さんに伝わりやすいひな祭りの由来簡単な説明は・・・

 

昔、中国で3月3日に手や足を洗うと悪いことが起きなくなるおまじないがあった。

それが日本に伝わって「手や足を洗う → 人形を川に流す」に変わった。

その後お人形遊びをみんながするようになってきて、人形を川に流すことはしなくなり、代わりに人形を飾るようになってきた。

人形を川に流す行為がなくなって、お祝いのやり方が変わっても、

・悪いことが起こりませんように

・○○ちゃんお子さんの名前)が幸せで健康に育ちますように

と願う気持ちだけは変わらないので、桃の節句をお祝いするひな祭りが今も続いている。

 

というような感じで説明されると、お子さんにも伝わりやすいのではないでしょうか^^

 

ひな祭りとは?由来を簡単に保育園/幼稚園児にも分かるように話そう! まとめ

今日は、保育園や幼稚園に通うお子さんから急にひな祭りの由来を聞かれた場合の簡単な説明の仕方を紹介しました!

 

日本の伝統行事というのは、生活の中に馴染みすぎていて由来については気に留めることがなかったりしますから、いざ説明するとなると固まってしまいますよね(^_^;)

 

このブログを読んでくれたママのお子さんたちも、健やかで幸せに育ちますように(*^^*)

ひな祭りのの食事会|離乳食と大人用料理レシピ!

[ひな祭り]「お昼ちらし寿司だった」と言われたら?人気のご飯物やサイドメニュー!

 

その他の春レシピはこちら→春レシピ特集!

季節問わず定番のレシピ特集

お弁当レシピ特集

まだ寒い日もたまにありますね→冬レシピ特集♡