素人が等身大のレシピを掲載するクックパッド。

便利な半面、ハチミツを使った離乳食が147件もヒットすることが分かり、素人ゆえの危険性が話題になっています。

乳児ボツリヌス症で亡くなった赤ちゃんのママがクックパッドを見ていたかは分かりませんが、第二の死亡事故を起こさないためにも、少なくともクックパッドからは削除するべきだと思いました。

スポンサーリンク

クックパッドにハチミツ離乳食レシピが掲載されている

クックパッドは、手料理が得意な人が参考にするレシピサイトというよりは、料理初心者・ちょっと料理が苦手で知識も乏しい人が真似しやすいレシピサイトというイメージがあります。

そこにハチミツを使った離乳食のレシピが載っていたら・・・

真似して作ってしまって赤ちゃんに食べさせてしまうのではないかという懸念があります。

 

例えば「ハチミツは1歳未満にはNG」と、どこかで聞いたことがあったとしても、「あれ? はちみつダメじゃなかったっけ? でもクックパッドにも載ってるし私の勘違いか〜♪ 」等という風になってしまわないかな、という危惧があります。

 

 

ただし、クックパッドに載っているハチミツ離乳食レシピのほとんどに「1歳以降~」や「離乳食完了期~」といった但し書きはついています。

但し書きがあるのは素晴らしいと思いましたが、読まない人は読まない(気にしない人は気にしない)んじゃないかという懸念も・・・

スポンサーリンク

クックパッドに「1歳未満にハチミツNG」というコラムも載っている

クックパッドには、Cookpadニュースというコーナー?で

はちみつは1歳未満の乳児に与えてはいけないって知っていますか?

というコラムを掲載しています。

 

このコラムに関してはとても素晴らしいと思いますが、「載っていることを知って検索を掛けないと」たどり着くことが出来ないサイトの構造になっています。

(私が実際にそうでした。私は、このコラムの存在を知っていたので「クックパッド 1歳未満 はちみつ」と検索してたどり着きました。)

もう少し見やすい場所に表示させるとか、
例えば
「ハチミツ離乳食」という言葉で検索をしようとしたら真っ先にこのコラムが表示されて”OK”を押してからレシピサイトに進むとか、そんな対応は出来ないものかな?と思いました。

(予算の都合もあるでしょうが・・・)

蜂蜜,離乳食,レシピ,クックパッド,乳児ボツリヌス症

乳児ボツリヌス症とは? なぜ大人はハチミツ食べても大丈夫なの?

乳児ボツリヌス症とは、 誤ってボツリヌス菌(クロストリジウム・ボツリヌム)の胞子を食べてしまった生後12か月以下の乳児に発症するものです。

大人(といいますか1歳以上)になると、腸内環境が整い腸内細菌も固定されてくるため、ボツリヌス菌が腸内に入ってきても増える余地が無くなるから、大人(1歳以上)ならハチミツを口にしても問題ないのです。

 

ハチミツにもまれに含まれる胞子は乳児の腸内で細菌に成長し、神経毒を生産します。

その神経素が乳児の身体に吸収され、神経細胞を攻撃します。

 

乳児 ボツリヌス症となった赤ちゃんは

疲れてぐったりしたように見え
泣き声が弱く、
食欲不振、
便秘、
筋肉緊張低下などが見られます。

早期発見・早期治療を行えば通常は数週間で完治しますが、 発見が遅れるとまひ症(筋機能の完全な喪失)や呼吸器不全を起すしてしまいます。

スポンサーリンク

「1歳未満にハチミツNG」は知っていても加熱すればOKと思っている人が意外に多い

1歳未満にはちみつがダメという事実を「”生の”ハチミツがNGなのであって、加熱すればOK」だと思っている人は意外に多いです。

 

ボツリヌス菌は100℃でも6時間加熱しないと死なないため、離乳食やお菓子作り程度の加熱時間では意味が無いのです。

スポンサーリンク

1歳未満には、ハチミツと同様に黒糖やきび砂糖などもNG!

黒糖(黒砂糖)やきび砂糖にも、ボツリヌス菌が含まれる可能性があり、ハチミツと同様に1歳未満の赤ちゃんにはNGです。

 

黒糖などがNGな説明に「ミネラルが豊富すぎて赤ちゃんの消化機能では対応しきれないから」という説明を受けたことがあるママも多いようですが、ミネラルうんぬん以前にボツリヌス菌がNGなんですね。

スポンサーリンク

クックパッドのハチミツ離乳食レシピ まとめ

今日は、乳児ボツリヌス症で死亡した赤ちゃんの話題から、クックパッドにハチミツ離乳食のレシピが載っているという事実を知り「削除したほうが良いのではないか?」と思ってブログを書きました。

 

赤ちゃんの健康を考えて「より美味しく、ハチミツのミネラルを・・・」と考えて作った離乳食かもしれないのに、こんな死亡事故がおこってしまって残念です。

 

こういった事故が今後起きないためにも、正しい情報を取り入れていきたいですね。