エスプーマという泡立てきの事故で、フランス人人気ブロガーが死亡するという痛ましい事故がおきました。

 

スタバのフラペチーノやチョコレートケーキの上に乗ってるホイップクリームエスプーマで泡立ててると思うのですが、大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

エスプーマの死亡事故

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ばれる調理機器の事故で死亡したことが明らかになりました。

Facebookなどで人気を得ていたレベッカさんの死亡について、家族がフェイスブックで発表したというのも、気の毒で言葉が見つかりません。

ただただご冥福をお祈りするばかりです。

 

インスタグラムには、エスプーマの機械が「爆発してレベッカの胸にあたり、命を落とした」と書かれており、不具合のあるエスプーマについて警告しています。

生活を彩るはずのおしゃれな調理器具で死亡事故まで置きてしまうなんて、驚きしかありません。

エスプーマとは?

エスプーマとは、スペイン(カタルーニャ州)のミシュラン三つ星レストラン「El Bulli(エル・ブリ-2011年7月30日閉店-)」の料理長フェラン・アドリアが開発した料理法を指します。

エル・ブとも表記されますが、カタルーニャ語の発音ではエル・ブとなります。

 

亜酸化窒素を使うことで、ありとあらゆる食材をムース状にすることができる調理法で、初めて世に出た時は料理界がザワつきました。

卵や生クリームソースに使わない画期的なものだったので、革命児感がすごかったです(・o・)

 

また料理法だけでなく料理そのものや、調理器具のことも言います。

 

日本のも、調理器具のお鍋そのものを指したり、○○鍋というように料理名になってたりしますよね。

 

エスプーマの器具は金属缶にガスを注入して食品をムース状に泡立てる仕組みで、機器全体に高圧がかかる構造になっています。

 

ちなみに、エスプーマ(Espuma)はスペイン語で泡を意味します。

エスプーマ – Wikipedia

エスプーマ,死亡事故,スタバ,フラペチーノ,ホイップクリーム

エスプーマはこれまでも危険性が指摘されていた

フランスの消費者団体はこれまでも、エスプーマの危険性について指摘してきていました。

エスプーマの缶の接続部品に不具合があると、外れて高速で飛び出す危険があるからです。

これまでの被害は、歯が折れたり、耳鳴りが起きた事例が報告されています。

また多発性骨折や、失明した例もあります。

 

亜酸化窒素を充填するので、料理を泡状に出来るという構造なのですが、ガスが爆発すれば、とたんに凶器へと変貌します。

エスプーマの安全性改善の動き

2015年以降に製造されたエスプーマに関しては、安全性が改善されたもようです。

長年の消費者団体の活動が実りましたね。

スポンサーリンク

スタバのフラペチーノのホイップクリームってエスプーマ使ってるよね? 大丈夫なの?

スタバのフラペチーノの上に乗ってるホイップクリームエスプーマで泡立ています。

 

スタバがエスプーマを使ってフラペチーノのホイップクリームを泡立てている理由としては2つ言われています。

1つは食感が軽くなる。

2つ目はコスト削減です。

エスプーマは空気の含有率を多く泡立てることができるため、食感も軽くなり、同じ見た目でも少ない量のクリームでふわっと泡立つからなんですね。

 

エスプーマに使う亜酸化窒素は外科手術の麻酔ガスと同様の作用があるため、使用方法を誤ると一種麻薬の様な効果をもたらします。

 

しかし、家庭用とは違って業務用のしっかりしたエスプーマ(価格は50万円以上と言われています)を使っていますし、パートナー(スタバのスタッフ)さん達もプロ意識を持ってエスプーマを扱っていると思います。

 

私もフラペチーノは大好きで良く飲みますし、以前パートナーさんに「危なくないですか?」とぶっちゃけて聞いたことがありますが、「大丈夫ですよ」と笑顔で答えて下さいました(*^^*)