ユナイテッド航空オーバーブッキングの件ひどすぎますね。

引きずり降ろされた乗客が訴訟を検討していますが、補償金額はいくらになるのでしょうか?

 

警官が、乗客である69歳のアジア人医師の腕を掴んで通路を引きずり出している動画が、かわいそうすぎます。

医師の国籍何人(なにじん)なのかも紹介します。

バニラエアの車椅子対応が酷い?パフォーマンスでは?バリアフリー研究所

スポンサーリンク

ユナイテッド航空のオーバーブッキング|警官が医師を引きずり出す動画

ユナイテッド航空の機内に居合わせた乗客が撮影した動画を紹介します。

、航空警官によってアジア人医師乗客引きずり下ろされる場面のニュース動画です。

 

こちらのニュースはカナダのテレビ番組のものですが、インタビューに答えた人も一様に「ひどい」「ありえない」と口にしています。

ユナイテッド航空のオーバーブッキング|補償金額は?

オーバーブッキングのユナイテッド航空の機内から引きずり降ろされた乗客の医師は、鼻を骨折し歯を2本折っていて現在入院中ですが、弁護士を雇い訴訟する準備をしているそうです。

 

弁護士事務所2ヶ所と契約したのですが、その理由は
1カ所は傷害事件を専門に取り扱っていて、
もう1カ所は企業相手の訴訟に強い事務所だからだそうです。

 

補償金額(賠償金)は、数千万円はくだらないのではないかと言われています。

【4月28日追記】

ダオ医師とユナイテッド航空が和解したとのニュースが飛び込んできました。

「和解金は公表しない」ということも、和解条件の1つだそうなので、和解金がいくらだったかは公表されていません。

 

また、ユナイテッド航空は4月27日、下記の発表をしました。

定員を超えた場合に席を譲る乗客に支払う補償金の上限を今の1350ドル(約15万円)から1万ドル(約110万円)に引き上げるなど、新対策をとるとのことです。

【追記終わり】ユナイテッド航空,オーバーブッキング,ひどい

ユナイテッド航空のオーバーブッキング|アジア人の国籍は何人?

英語サイトによると、ユナイテッド航空の機内から引きずり下ろされたアジア人の国籍はベトナム系アメリカ人です。

名前はデイヴィッド・ダオさんです。

 

ダオ医師は、5人の子供の父親で、その5人の内4人も医師です。

お孫もいらっしゃいます(*^^*)

 

Dr Dao is a father of five children – four of whom are also doctors – and is also a grandfather, Daily Mail said in a report on Tuesday (April 11)

The man who was dragged off an United Airlines flight has been identified by various media as 69-year-old Vietnamese-American grandfather, Dr David Dao.
引用元:http://www.straitstimes.com/world/united-states/man-on-united-airlines-flight-identified-as-vietnamese-american-doctor-suspended

ダオ医師と家族

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空のオーバーブッキングの経緯がひどい!

まずユナイテッド航空でオーバーブッキング発生
 ↓

搭乗口で「補償金額400ドル+宿泊費で ”降りても良いよ”という人はいないか?」呼びかけつつ搭乗手続き

 ↓

誰も名乗りを上げず全員搭乗
 ↓

機内で「補償金額800ドル+宿泊費で ”降りても良いよ”という人はいないか?」呼びかける

 ↓

誰も名乗りを上げず

 ↓

ランダムで降ろす人を抽出
 ↓

4人の乗客が選ばれる
 ↓

3人は指示に従い降機する
 ↓

今回のアジア人のダオ医師(後にベトナム系アメリカ人と判明)のは「仕事があるから」と断る
実際に、月曜には病院で診察をしなければいけなかった
 ↓

警官によって引きずり出される
ネット上では、頭を殴られ、スタンガンも使われたと言われています。が私は探してもスタンガンのソースを見つけることができませんでした。

 ↓

オーバーブッキングだと思ったのはユナイテッド航空側の手違い?で、医師は座席があることが判明し機内に血だらけの状態で戻ってくる。

 

ちなみに、オーバーブッキングしていたのはユナイテッドの航空の関連会社の社員のための座席だったとニュースは伝えています。

 

ちなみに飛行機の乗務員には、”飛行機通勤”が存在します。

例えば、大阪在住の人に「成田−沖縄」の仕事が入ったら、成田まで飛行機で出勤するというイメージです。

 

そして、勤務のために飛行機に乗る従業員は、乗客よりも優先されることが定められています。

もちろん、だからって乗客を引きずり下ろして良いわけでは決してありません。

スポンサーリンク

ユナイテッド航空CEOの対応もひどいと炎上

ユナイテッド航空のCEOが上記の経緯を「Re-accommodation(”座席の再調整”程度の意味)の件でお詫びします」

「社員一同動揺しています」という、ひと事のようなコメントを出したため、火に油を注いだ状態となっています。

 

【18:00追記】

ユナイテッド航空のCEOはユナイテッド航空社員に向けたメールで「降ろされた乗客が破壊的で交戦的だった」というコメントをしました。

・・・が私にはあの医師は穏やかで無抵抗に見えました・

【追記終わり】

【4月14日追記】

その後、ユナイテッド航空のCEOは、謝罪のコメントを出しました。

しかしこれは、ユナイテッド航空の株価が下がった後の出来事だったので、「株価戻すためじゃないの?」と思ってしまいました(^_^;)

【追記終わり】

スポンサーリンク

ユナイテッド航空のオーバーブッキング|警官が医師を引きずり出す動画の和訳

この記事の最初のほうで紹介したニュース動画をかいつまんで和訳しました。

 

ユナイテッド航空の機内に居合わせた女性の乗客が「オーマイガーッ」「一体なにしてるのよ」「見てよ、こんなの普通じゃない」と叫んでいます。

 

ニュース動画でインタビューに答えた男性らは「クレイジーだ」と言っていたり「起こってはならないことです」と言っている人もいました。

 

引きずり出された医師が通路を歩きながら言っているのは「家に帰らなきゃ」

通路に立ち止まって言っているのは「殺されかけた」They’d kill me.(彼らは私を殺しかけた)

 

リポーターの女性「フライトの座席を予約して、お金も払い、チェックインまでして、搭乗券ももらい、機内に搭乗した後で、”オーバーブッキングのため飛行機を降りて下さい”だなんて、考えても見て下さいよ!」

 

1分12秒からのナレーション

「昨日のシカゴールイビル便でのことでした。

今日ルイビルから乗務する4人のユナイテッド航空スタッフの座席がオーバーブッキングしていたのですが、

1人も席を譲ってくれる乗客がいなかったため、

”ランダムに”4人を抽出。そのうち1人が拒否。

常客によると拒否したのは医師で

スタッフに”自分は医師で患者を診ないと”と言っていた。

そして航空警察が医師を引きずり下ろした」

”航空警察”ではなく、”セキュリティ”と伝えているメディアもあります。

ユナイテッド航空,オーバーブッキング,ひどい

ユナイテッド航空はアジア人差別では?の声。降ろす客を”ランダムに”抽出したってホント?

ユナイテッド航空は、今回降りてもらう乗客を”ランダムに”抽出したと言ってますが本当なのでしょうか?

ネットでの情報なのですが搭乗回数の多い”お得意様”は含まれていなかったそうです。

私は、「ランダムにとか言わずに、”当社のシステムで総合的に判断して抽出した”とか何とか言ってくれた方がまだ気分がスッキリするのに」と思いました。

 

ちなみにネット上では「降りてもらう乗客(抽出された4人)全員がアジア人だという情報もありますが、これについてはハッキリとしたソースが見当たりません。

スポンサーリンク

ユナイテッド航空のオーバーブッキング|シカゴ警察の発表

シカゴ警察は、「69歳の乗客が肘掛けに”ぶつかり”、顔面を負傷」と発表しています。

”ぶつかり” とか ”肘掛け” のところを ” ” でくくって強調してあるのに含みを感じますね。

私は「引きずり下ろした 側の ”人の手” が ”当たって” 負傷したんではないのかなと思いましたが。

The Chicago Police Department eventually released a statement saying, in part, that the 69-year-old passenger “fell,” causing his head to strike “an armrest causing injuries to his face.” 
引用元:https://www.buzzfeed.com/aliciamelvillesmith/a-man-was-dragged-off-united-plane-after-the-airline?utm_term=.ea4O0VZO9#.rp1n4lZnm

スポンサーリンク

オーバーブッキングとは?ずさん過ぎない?良くあることなの?

オーバーブッキングは航空業界にとってあたり前ですので、オーバーブッキング自体は”ずさんなこと”ではありません。

 

しかし、それを上手いことお願いするのが航空会社スタッフの手腕であって「ユナイテッド航空の都合なのに乗客に対して暴力で引きずり下ろす」というのはとっても問題だと思います。

 

飛行機での移動は、チケットを購入しておいても当日現れない「No Show」というドタキャン乗客がとてもたくさん存在します。

その、キャンセル分を見越して、多めに予約を受け付けるのです。

 

もし座席数きっちりにしか予約を受け付けなかったら、「キャンセルにより座席ガラガラ → 赤字フライト続出」という事態も起こりかねませんから。

 

私が初めてオーバーブッキングについて知ったときは、観光でしか飛行機を利用しないし、旅行の日は前々から楽しみにしていたので「お金まで払っておいて当日乗らないなんてありえない!」と思ったものですが・・・笑

世の中には色々な事情を抱えた人が飛行機を予約(ブッキング)するんですよね。

仕事上の都合、体調不良、家族・親戚の体調不良、他の用事ができた・・・など。

スポンサーリンク

ユナイテッド航空のオーバーブッキング|まとめ

今日は、ユナイテッド航空のオーバーブッキングの一連の動画を観てひどいと感じたのでブログを書きました。

 

日本のテレビでは取り上げられていない問題ですが、引きずり下ろされた医師がとても気の毒だと思いました。

バニラエアの車椅子対応が酷い?パフォーマンスでは?バリアフリー研究所